2017年2月23日木曜日

お稽古_⑨ 小稽古:少しずつ長めに区切ります ☆☆★★

日曜日は、とーちゃんグロッキーで稽古をスキップしたので、水曜日に。
まずは「たいそうおけいこ」。

正座して、お扇子を置いて、手をついて「よろしくおねがいします」と、お辞儀をするまでの一連の所作は、一応、今のところは毎回、チェックしています。ムスメはまだ「右」と「左」がよく分からない(対面してると、僕と同じ方向の手足を動かしてしまう)ので、その辺も気を遣いながら、ちゃんと理解できるようにしてますが、まだ少し難しいようです。

それから、息子殿にリードを任せて、ラジオ体操第一とそれを補完するような運動とをします。(狂言の動物鳴きまねと型の動きは、飽きた? 笑)
小学校に入るまでは、息子殿も自由に身体を動かしてましたが、段々とそういう自由さもなくなってくるんですねぇ(笑)
悪く言えば型にはまってくるし、よく言えば規律を学んでいるのですね。

さて、今回から科白の反復は、二字目上がりの三段起こしの調子を二人とも少しずつつかんできたのもあり、徐々に長めのフレーズにしていくことにします。そして反復しながら、その科白や語句の意味などをかいつまんで説明します。

ざっくりと目標ですけども、息子殿は3月の中旬ぐらいまでには科白を覚えてしまい、型に移りたいところです。4月上旬ぐらいには型も覚え、以降は師父なる人(じぃじ)との合わせ稽古と。
ムスメは、5月の下旬(徳讃会終わる)ぐらいまでかけて、科白8割ほどを覚えてしまい、徳讃会以降は息子殿(にぃに)と二人での稽古に移行したいところです。息子殿が科白を覚える頃にはムスメも完璧に覚えていることでしょう……。
6月下旬ごろからは、立ち稽古……。

今のところ、順調ですか……ね?
はぁー。まぁ、何とも気の長い話ですな(^^ゞ
☞それぐらい手間暇掛けてるわけですよ(。-∀-) ニヒ
☞息子殿のキャリアで3ヶ月強、ムスメは半年と見込んでいます。(イレギュラー含む)



2017年2月22日水曜日

ツボでした! ☆☆☆☆

2月21日(火)

高槻市立磐手公民館のご依頼を受けまして、日本の伝統芸能 狂言の魅力」というテーマで講演に行って参りました(≧∀≦)/
お寒い中をお運びいただいた、稲穂塾(みのり会)の皆さま、誠にありがとうございました。中には非常に熱心にメモを取ったりされている方もいて、僕も身が引き締まる思いがしました(^^ゞ

実はこのご依頼は、昨年9月に実施ということで承っていたものなのですが、折しも台風の襲来のため延期となっていました。
今回、その約定を果たせた!?というような感じです(笑)
大蔵流狂言講座「体験型講義コース」にて承りました!

2月の3本を終えまして、ひとまず今年度中はオフになりましょうか。
次回は4月の9日の梅猶会にて、皆さまのお目に掛かることになろうかと。
☞ちょうど21日に御番組が届いていましたので、また詳報は近日中にはアップ致します。
☞そしていよいよ、5月の徳讃会の分のお稽古も本格的に取り組みます!

この少しのお休みの間に、第12回「狂言を楽しむ 徳讃会」(本年5月28日@善竹能舞台です!)の準備にも取り掛からねばなりませんね。余裕があれば、メンテナンス&ビールにも行きたいところです。(ビールはマストです!!コール & レスポンスツーと言えばカーなのです。……いや、違うか。)

21日はせっかく平日に休みを得ましたので、このついでに例によって高槻市(文化スポーツ振興課)高槻市教育委員会(地域教育青少年課)の御後援を得るべく、後援の申請に市役所まで行ってきました。
☞ちなみに、市庁舎の8階と10階です。

ちょうど5月号の市広報誌の原稿締め切りが2月末までとのことだったので、広報誌への掲載依頼も、文化スポーツ振興課にて併せて行いました。
☞いろいろ段取りよくできて良かったです(o´∀`o)
☞講演して、公演の後援を申請したわけです。公園には行きませんでした。悪しからず。

講演当日(21日)朝、起きると雪が降ってまして、うっすらと積もりかけていました。 (午前7時ごろ)
講演の会場には、車で行くつもりだったのですが、もちろん、スノータイヤでもなく、チェーンも持ってません(それぐらい雪には御縁のない土地柄です。)
7時半頃には、牡丹雪に変わりつつありました。ベショベショしてます。
この感じなら車出せますね。

師父なる人の四駆を借りねばならぬか!?と焦ってましたが、杞憂に終わりました(≧∀≦)/
10時開始予定(〜11時半)ですが、9時ごろに楽屋入りを目指します……という風にお伝えしていました。

が、まぁ雪ということもあり、少し早めに(8時半ちょっと前)出たところ、スイスイと着いてしまい(笑)

8時45分には着きまして、紋付に着替える前にパソコンなどのセッティングを……。

なんだかんだで、9時には会場のセッティングできてましたね。

HDMI入力端子のあるプロジェクターがあれば、すごく簡単です。

オーディエンスは80人強ぐらいでしたでしょうか?
いつも、
  • テレビやネット動画などで狂言を御覧になった事のある方
  • 能舞台・能楽堂と呼ばれる本格的な場所で狂言を御覧になった事のある方
  • 不肖、僕の狂言を御覧になった事ある方
と、3段階に分けて尋ねてみるのですが、最近は僕の舞台を御覧になった事のある方も少しずつ増えているので、ありがたいことです(〃▽〃)

はにたんの壁紙は、地元愛の欠片です(笑)
☞壁紙とかダウンロードできます。
演台もご用意頂いて……。お茶も有り難かったです(≧∀≦)/
ここ、楽屋ですd(^-^)
紋付袴、羽織に着替えさせて頂きました。

妙に床がフラットで、広いところだなぁ……と、思いました(笑)
……ポツン感、バツグンです(笑)
低い位置に、横に長ーいホワイトボード……?

?何に使うんやろ!?って思うてました。
出番を待つ間、少々手持ちぶさたとなり、部屋をグルグル歩き回っていて、これを見つけて噴きました(爆)

ははーん。そっか!ここは、チビッコ達のプレイルームなんやわ(≧∀≦)/
おっちゃんも、遠慮なくもっとはしゃいでおけば良かったです(≧∀≦)/

出番前に、心和ませて頂きましたd(^-^)

高槻市立磐手公民館の御担当S様には、微に入り細にわたり、お心遣いをたまわり、誠にありがとうございました。お陰様でスムーズに講演を終えられたこと、この場を借りてあつく御礼申し上げます。
ありがとうございました。



2017年2月20日月曜日

御運びいただき、誠にありがとうございました。 ☆☆☆☆

土曜日

大槻能楽堂で催されました、日本能楽会「特別鑑賞会」には、多数の方にお運びいただき、誠にありがとうございました。
一般社団法人日本能楽会とは何ぞや?と思われる向きもあるかと存じますが、僕の理解している範囲で(間違ってたらゴメンナサイ)超・ザックリと説明申し上げると。

能楽師の中で重要無形文化財(総合指定/個人指定)として“認定”された方々が会員となっている、超ベテランの集団です。
不遜な言い方になりますが、一定以上のスキルを必ず保持されている。担保されている能楽師が所属し、演じる訳なので、「特別鑑賞会」は必然的にハイレベルの催しとなるわけです。

この日本能楽会の会員になる為には、まず重要無形文化財の認定を受けないといけないわけですが、いろいろな要件を満たす必要があるそうで、仄聞する限りでは僕などはまず無理です!!(笑)
そして、楽屋は……エラい先生方がいっぱいです。スゴいです。
今回僕は、あくまでも「助演」ということで参った次第で、何か一緒に同じ舞台を勤めさせていただくのも畏れ多い感じです。

え!?僕の出来映えですか?
今回は昨年から続く「猿聟」シリーズ、3回目ということもあって……。
有 終 の 美 を 飾 れ た で す!!
……と、言えたら良いんですがねぇ(;^_^A
善竹の長兄、隆司氏のお嬢ちゃんも元気よくお勤めでしたd(^-^)
僕の“合図”が上手く伝わったのか、ちょっと気がかりでした。拙かったら、大変申し訳なく……。あと、チョイチョイ、やらかしてましたし。これはやはり、ポンコツ右目のせいですかね。
☞御シテ方はやっぱ、スゴいです。
☞僕は5月の徳讃会、「神鳴」に向けて身体感覚をもっと鍛えないといけませんね。
☞そうそう!余談ですが、聟猿(忠亮氏)のお使いになった扇は、僕の『花子』披きの扇でしたの(≧∀≦)/

舞台を勤めた後は、恒例のビール!?ではなくて(笑)
大学時代の恩師の古希御祝いの会に参りまして。久しぶりに懐かしい面々にも会いまして、しこたま痛飲……という事で^^;
まぁね。この歳にもなりますと、皆々年相応に健康不安を抱えてたりね、するわけですよ。
☞人生の折り返し地点を過ぎましたし……

それはさておき、学生時代にQOLの概念を学んだことは、今の生活の糧になっているなぁ……と、改めて思い至りました。
☞終末期の患者さんやその家族さんと話をする時とか?
☞あるいは、斯業の講演時のアプローチの一つとして?

お陰様で、楽しくお酒をたくさん飲んでしまい、日曜日はグロッキーってことでね(--;)
子らのお稽古ができませんでした!ゴメンナサイm(__)m
日本酒、侮るべからず。
☞って、昔から思ってる!知ってる!!

さてさて。

火曜日(21日)は地元の公民館で講演の御依頼を承っております!
気張ります!!(≧∀≦)/
今回は、実際に用いる面を数点と、足袋も何種類か持参し、皆さんに御覧いただこうかなぁ。と思っています。


2017年2月16日木曜日

そういえば、そうですね!! ☆☆☆☆

2月18日の日本能楽会「特別鑑賞会」@大槻能楽堂ですが、替間「猿聟」の配役がよく分からない。というご指摘があるとの事でした。

確かに!
ウチの師父なる人も、え!?忠一郎師が聟猿(役)、お勤めなんか???というようなことを申していましたが、左様な事はなく(笑)

能「嵐山 白頭」での替間「猿聟」の聟猿殿(忠亮氏)が仕事をされてたので、リンクを張らせていただく事にしました。>コチラを御参照のこと。

僕は、“樽持猿”ですね。

いやぁ、何だかね。左手に樽を提げて出ますけども、稽古用の樽(鬘桶)は重たくてデスね。どうやら、左肩に四十肩のかほりがただよって参りましたよ!?
☞もうホント、歳取るってやだねorz

17日は朝から申合せです。
気張りマッスル!!

2017年2月14日火曜日

お稽古_⑧ 小稽古:最早、キュン死(*´∀`*) ☆☆☆★

いつか、日本独自の バ レ ン タ イ ン デ ー の 伝 統 を 守 れ ! とか 恵 方 巻 の 伝 統 を 守  れ!!とか、かまびすしく言われる時代が来るのでしょうか……。

孫:「ねぇねぇ、おぢぃちゃん。ばれんたいんでって、なあに?」
僕:「ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ!御前さんも、そんなお年頃かい。バレンタインデーというのはぢゃな、その年のエエ方角を向いて、チョコレートをかじるとぢゃな、恋が叶うんぢゃ。」
エエ方向いて食うから、ええほう向きえほうまきというようになったんぢゃぁぁぁ。」

って、嘘っぱちを教えてやろう……と、密かに目論んでおります。
こんにちは。犬にチョコは禁忌です。2/14の昼下り、皆様いかがお過ごしでしょうか。

思い返せば、僕のバレンタインデーの原体験は幼稚園の頃に遡ります。隣の組のOさんに散々追いかけ回され、無理やりハート型のチョコレートを手渡されたような記憶があります。
何かモノをもらう謂われもなく、追い掛けられた事が、ひどくおっかなかったように記憶してます。

さて。

月曜日は、原則小稽古の日です。
夕食後の、のんびりした感じもしばらくはおあずけです。子ども達には一連のルーチンがある(ハミガキとか、翌日の準備とか?)ので、それを急かしまして。

息子殿には徳讃会の狂言「舎弟」を、ムスメには夏の発表会(おじぞうさまとこどもたち)での「以呂波」を教えなければならないのですが、それぞれ個別に時間を割くことになるので、これまでよりも時間が掛かります。
☞意外と僕の方も大変。ってことが、今回よくわかりました(;^_^A 

さすが息子殿は一日の長があり、飲み込みも早いのですが、すぐに元の“良くない”調子に戻りがちです。(加えて、少し賢しらなところが見受けられます。)
ムスメは、今回から初めて取り組むことでもあり、おにいちゃんと一緒に「大蔵流狂言的“笑い”」をやってみたり、大きな声を出すことが楽しいみたいです。元気が良くて非常に良いです。大きな口を開けて、一生懸命なムスメを見ていると、とーちゃんは思わずキュン死にしそうな感じです(爆)
☞今夏、8月23日(水)にこの感じ、お分けできると思います(o´∀`o)

あ。ムスメには舞台上での注意事項も改めて伝えておかねばなりませんな!忘れてた(−◇ー;)!!



2017年2月13日月曜日

お稽古_⑦ 小稽古:少しずつできてきたかな? ☆☆☆★

土曜日

午前中は舞台の掃除と、僕の4月に出演分の稽古をつけてもらい、ひとまずしっかり科白を覚えておけとのことで終わりまして。(今週末の「特別鑑賞会」が終わりましたらば、5月の徳讃会の分も稽古を願うつもりです。)
息子殿、ムスメのお稽古は午後から。昼食を終えたあたりであらかじめ予告しておきます。(ついでに、先に稽古するのは誰か?とか)

前回に引き続き、科白のお稽古です。
これだけ延々と、しつこくやっておりますと!(笑)
子らにもおおよその全体像も掴めてくるし、段々と慣れてくるようです、ムスメの滑舌も少しずつ良くなっているような気がします。
稽古場の外で聞いてる我が母なる者と妻なる者にも、あとで感想を聞いてみましたが、上手になってるね。という評価でした。

あとは、科白の調子(二字め上がりの三段起こし)をキープしながら、覚えていくことですね。以前にも書いたかも知れませんが、拙家では舞台上で台本を見ながら稽古。ということは許されませんで、台本に書かれた文言を一言一句違わず(てにをはも含め)覚えてしまうぐらいでないといけません。

昔は、我が師父なる人にイチイチ訂正されると、
-`).。oO(「が」が「は」になったところで、どない違うねん!?
って、口には出しませんが(笑)心の中で、こっそり思うこともありましたけれども、おそらくはそれぐらい、「完璧に」覚え込んでしまうぐらい稽古しておけ。という意味合いを含んでいたのではないか!?
☞と、勝手に想像しておりますが……。

目下は息子殿とムスメと教えておりますが、息子殿は意外と?繊細です。悪く言えば小心者です。逆にムスメの方が素直で大胆ですね。幼さ故の勢い(怖いもの知らず?)みたいなのもあります。時々、独自のワールドに勝手にトリップしてしまうようで、稽古中にナゾの発言をするのも、ムスメの方です。
この辺が、巧くミックスしてもらえば、オモシロいかなぁ……と漠然と思っていますが。

最近は、ムスメの方もリアルの日常生活でも、
おぶたいの○○みたいやな〜
という発言も少し見受けられ、舞台の科白を引用するようなこともあるので、実生活と演目の内容がリンクが形成されつつあるのですね。
拙家(当法人)が目指すところの大蔵流狂言とは、古今東西、老若男女問わずに通底する感性や普遍性に訴えられる狂言です。
いやぁ、ムスメ。良いところに気付いたねぇ!d(^-^)
これ、来週の講演のネタに使えるにゃー!!って思いながら、ブログ書いてます(。-∀-) ニヒ♪
☞いや、逆にそういう演目しか古典として残ってないのかも知れませんが?



2017年2月9日木曜日

お稽古_⑥ 小稽古:プレミアムウェンズデーにつき ☆☆☆★

プレミアムフライデーなる“仕掛け”があるそうで。
実は有給休暇とは別に、時々、「自由にできるおやすみ(半休:午前/午後でも、全休でも可)」というのが職員には与えられていましてね。
詳述は避けますが、今年は土曜日の祝祭日が多いということもあり、僕は余剰のおやすみを平日に充てることができます。(しかも、毎月使いきらねばならぬという、ね。そんなシステムです。)

もちろん、平日に公演、あるいは講演、学校狂言のような御依頼があれば、例えば今月2月21日の講演(あいにく、会員様限定の催しです。あしからずご了承ください。)ように、その日に充当するのです。

そんなわけで。自主的に、プレミアムウェンズデーを敢行しています(`・ω・´)キリッ
☞ちなみに、来週(2/15)もプレミアムウェンズデーの予定でっす(笑)
☞別に、フライデーでもサーズデーでもマンデーでも良いんですけどね。

あ。そう言えば、先週の水曜日にも「来週はビール飲まんとこ。」って思った気もしますが……。

初めてリンガーハットで食べてみたんですけども、美味しかったです。皿うどんと餃子。
トークンを貼って、何やらムスメがせっせとメモってます。
早く帰ることができましたので、子らとおやつをして、学校から帰ってきた息子殿の宿題をみながら、ムスメの珍妙な創作ダンスを拝見して、それからお稽古!!
☞ちゃんと、忘れてないですよ!!!
☞前日から、予告してますゆえ(コモンセンス・ペアレンティングのテクニックの一つ?です)

今回は息子殿は渋ることもなく(笑)ゴキゲンさんで稽古に臨んではりました。

いつものたいそうおけいこのリードは、息子殿に任せます。
みんなで一緒に軽く身体を動かしたところで、書物の科白を口写し(耳で聞いて、その通りに発声させる)という作業を延々と繰り返します。
☞息子殿は最近少し字が読めるようになりましたけれども、今のところ、まだ耳で聞いての反復です。
☞口伝には、字面が逆に邪魔になる場合がありますので。

さて。
二 字 目 上 が り の三 段 起 こ し
という基礎を、拙家では特に重視するということは、拙ブログでも幾度となく触れているかと思うのですが、今回は山型の弧を描く動作も付けてやってみます。
どうも二人共に、うまく二字目を上げることと、三段起こしの部分がイメージできないようで、苦戦しています。
もちろん師匠の僕が、二字目を上げるところ、三段に起こすところ、動作を付けながら、視覚的に伝えるということは試みているのですが、今回は子ら自身にも、自分で発声しながら動作をやらせてみることにします。

あ。ちなみに“二字め上がりの三段起こし”をあえて字面で可能な限り表してみると、
は、あたりに、すまい いたすものでござる。
というような感じになります(笑)
☞音のイメージわかない人は、徳讃会(5/28だよ!)に狂言を観にきてネ!(笑) 

前回の、コンパクトなフレーズの反復に引き続いて、今回は手の動作を加味して行いました。
ホント、幼い者に、直感的に巧く伝えるってなかなかに難しいもんですなぁ(笑)

しかし、これは決して僕のオリジナルでもなくて、我が師父なる人が実践してたことを、単に僕が踏襲しているだけのことです。
☞その点、補足しておきます。

そして、稽古が終われば、シール帳にトークンを貼って、完了です。
上の写真では、ムスメが何やら一生懸命“十”“+”“⧺”か判じかねますが、ブツブツ言いながら書いてます。
何言うてんのか、よくよく聞いてみると…
「お わ り ま し た」
って言ってました(笑)
たぶん、そういう意味なんでしょう(;^_^A