2016年12月6日火曜日

四十肩、ぼちぼちと快復中&狂言「雁礫」のこと ☆☆★★

さて!

普段患者に僕が推奨している方法が、ちゃんと本気で効くのか!?という実証実験について(笑)

これが割と良く効いていまして(≧∀≦)
個人的にもこの分野の治療における武器?が、一つ増えたな。と思えるぐらい(笑)
☞元から、肩関節付近は好きな治療部位ではありましたが。

まぁ、もちろん。

ここには細かく書いていませんが、ごく簡単な関節可動域訓練ストレッチなども並行していること、密かなtipsがあることは書き加えておきます(`・ω・´)キリッ
一応、四十肩(五十肩)と世間一般では言い習わされてますが、ただ単に好発するのがその年代だから。ってだけで別に他の年代でも起こってもおかしくはないですからね。

ジーッとしてても、夜寝てても、なんとなくぢわぢわくる(※別に、面白くも何ともない)、鈍い疼きのような物がありましたけども、軽くなって良かったです。

そんなわけで。

ようやく狂言「雁礫」のことも取り掛かろうかという、モチベーションが上がってきました(;^_^A
「雁礫」をわざわざ解説する必要もないんですが、これは分かっておいたほうが良いかも?というキーワードをちょっと挙げておきましょうかね。

(がん)…というのは、渡り鳥の一種ですね。舞台では梨子打烏帽子をそれに見立てます。
(つぶて)…小石のことですね。「投石する」というニュアンスを含んでるような気がします(僕の印象では)
☞僕個人的には、石ッころを当てて、鳥を狩猟するというコントロールに自信がありません(;^_^A 
☞少なくとも四十肩で投げるのは辛いです(>_<。。。 
野遊山(のゆさん)…大名の科白にあったような気がします。野っ原に遊びに出かけるって感じです。
あがる…「生きた雁」、「あがった雁」という並列するような科白回し、文脈で出てきますが、「あがった」の意味するところは、「死んだ」ということですね。(「死んだ」という直截的な表現を忌避して「命が終了した」…というニュアンスなのでしょうか。)
羽箒(はぼうき)…うーん、これは、実物を御覧いただいた方が早いかも知れませんので、またここに拙家の羽箒を撮って、画像を追記でアップしようかと思います。
茶道で用いますし、マンガ家さん?でも使う人いらっしゃるかも知れませんね。

いずれにしても何となく、前後の文脈で分かると思うのです(字面を見たら、ホント一目瞭然な感じもします)が、ちょっぴり補足としてこちら、アップしておこうかと思います。
「みをつくしチャリティー能」(12/23)前売券発売中ですので、どうぞ御贔屓に<(_._)><(_._)>



【前売券】「みおつくしチャリティー能」【発売中】☆☆☆★

またまた、販促です!!

毎年恒例の「歳末助け合い協賛能」から呼称を改め、
新たに「みおつくしチャリティー能」が発会しました。
前売券は好評発売中です!!!
クリスマスや忘年会、年末進行で大変御多忙中のことは存じますが、
万障お繰り合わせの上、お越し頂ければ幸いです。

前売券のお 求 め は コ チ ラ か ら !



平成28年12月23日(祝・金)
【第1部】10時開演(9時30分開場)
【第2部】15時開演(14時30分開場)
歳末助け合い「みおつくしチャリティー能」
於:大槻能楽堂
主催:公益社団法人能楽協会大阪支部

一般券:3,000円(当日3,500円)
学生券:1,500円
僕は、午後からの第2部、狂言「雁礫」の道通役を勤めます。
※当法人では、学生券の取扱いはございませんので、あしからずご了承のほどお願い申し上げます。
※当法人を通してお求め頂けると、お支払は郵便振替クレジットカード払いが御利用頂けます。
※簡易書留郵便の御利用をオススメしますが、普通郵便ですと送料無料です。
5枚以上をお求め頂きますと、前売券1枚、プレゼントいたします(o^-^)

2016年11月30日水曜日

続・いわゆる四十肩、絶賛増悪中からの自己修復中…orz ★★★★

ま、せっかく四十肩も悪くなってきたので!
いつも僕が患者に勧めてる方法は、本当に実効性があるのか?検証してみることにしました。

はい、そんなわけで購入したのは、以下のこちら。
肩サポーター(右肩用。セール品につき、¥1,080 (o^-^))
ソフトアンクルリストウェイト(1kg、2個組、¥1,709)
肩サポーターは、要は「保温」が目的なので、別になんだって良いです。使いやすい物を。
ただ、よく確認せずにテキトーにポチってしまいましたけども、ちゃんと“右肩用”で良かったです。
☞Amazonのプライム特典でその日に着きました。(22分以内に発注する必要があったッス。)

アンクル(ankle)というのは、足関節でしょうかね。リスト(wrist)というのは、手関節をいうんだと思います。
本来の用途はトレーニングなんですが、今回は治療用として用います。
この小ぶりな鎮(しず)の状態になると、結構中身が詰まってる感じがして、ズシッときます。
息子殿が、これを持ち上げながら、「けっこう、おもいな!」って言ってましたけど、
「水筒、学校にいつも持って行ってるヤツあるやろ?あれ、1リットルぐらいお茶入るやん。」
「あれと一緒ぐらいの重さやで。水1リットルは1kgやねんデ。」
と教えてやると、少し驚いたみたいです。
どうしてもパッと見の形状の印象に引きずられてしまいますよね(笑)

手首にはめてみました。
これを、先の記事の通り、ゆやーん、ゆよーん(by 中原中也)と揺らすわけです。

何度も言うようですが、コツは関節腔内で上腕の骨頭を滑らすような感じです。
太いところに上肢を通すと、右肩関節〜上腕の半分ぐらいが覆われます。
反対側の腋窩(脇の下)の下方にベルクロで止める感じです。
2個も要らないんですけども、まぁ2個組です。

1個は職場にでも持って行きましょうか(;^_^A


で。
実際に使ってみておりますが!悪くないです。コッドマン体操も理想的です。肩も保温されている感じがして、痛みも軽減しています。
☞少々汗ばんでしまうのは、仕方ないですが。
だいたい、目論み通りです。

これで、自信を持って(笑)患者にも指導できますねぇ!!

余談ですが、更衣室で放射線科の技師さんに四十肩の話をすると、しげしげとこちらを眺めてはりましたが、「姿勢が悪いですね。」って言うてはりました。
これは非常に首肯できる話で、僕も先ごろ撮影した自分のプロフィール写真を見てから、気になっていたことの一つです。
☞プロフィール写真は、近々公式webサイトにて公開予定です(笑)

胸椎(Th5ぐらいまで)が、円背(猫背)気味になっていて、柔軟性が下がっているという指摘でした。
これにより、仰臥位になった場合でも肩関節が前方位になりがちで、負担が増している………と。

思い当たる節は多々ありますが、主な原因は、やはり普段から肩に力が入ってるんだろうなぁ……って思いましたとさ。
☞某サイトでは霊が取り憑いている………と書いてあるとか、ないとか。
☞某サイトは、絶賛大炎上中からの閉鎖、という憂き目らしいですが(笑)


2016年11月29日火曜日

いわゆる四十肩、絶賛増悪中…orz ★★★★

10月末あたりから、仄かに四十肩の予感だったり、悪寒だったり、あるいはオカンはたいていトンチンカンだったりしてたわけですが………。
☞いや、さすが!厄年だよ〜!!(爆)

こら、いよいよアカン気がする!!(・・、)
何が辛いって、アレをこうして、こうしたらエエ!ってのは、自分でも分かってんのに、自分で自分の治療ができないというもどかしさ、あなたにも分けてあげたい。

普通、肩関節周りだけ痛くなると思うでしょう?
でも違うねんな。
症状が悪くなってくると、前腕(肘から先)の方とか、側頸部(首の横。耳の下の方)あたりにも痛みとか、疼く感じが波及してきます。そんな時、だいたい経絡の走向に沿って症状が出てるし、押さえると心地よいので、経絡って本当にあるんだろうな。って気がしてきます。

肩関節周囲炎(いわゆる四十肩)になると、たいてい指導されるのが「コッドマン体操(アイロン体操)」なんですけどね。
アイロン体操ってのは、アイロンがだいたい良い重さ(負荷)だったから、アイロンって言うたそうですけどもね、まぁ、1kgぐらいの重さなら何でもエエです。症状重い人は、何もない方がイイかも知れません(自分の腕の自重で。)

理想を言えば、手では何も握らずに、手首あたりに巻き付ける、リストバンド系のおもりが良いです。
☞握ると、余計な力が入り、正しい感じになりません。

机なんかに健側の手をついたりして、前屈みになるのは定石ですね。
ただ、この時のコツは、患側の肩関節面(関節窩)をなるべく真下に向けることです。これが大事な事です。こうすると上体を捻るような形になります。
イメージとしては、体幹から上肢を引き延ばす(関節臼いや、関節窩?と上腕の骨頭:凹凸を引き離す)ように引っ張る感じです。

で、「腕を振れ」「前後左右に振れ」ってたいていのセラピストは言うと思いますけども、違います。
コツの二つ目は、腕は脱力した状態で身体を前後左右に揺すって、その結果として腕が動く。という状態にして下さい。
イメージとしては、象さんの鼻です。
象が頭を振ったら、それに少し遅れて鼻が振られるような感じです。

正しくできてると、じわーっと気持ちいいです。腕を動かそう!と思うと、その時には既に腕には余計な力が入って、効果的(理想的)な状態から離れてしまっています。

言わずもがなですが、疼痛の急性期(痛みが強い時)とか、肩の他に腰の悪い人とか、肩関節の脱臼癖?みたいなのがあるとか、肩周辺の筋や腱が部分断裂してるよ!とか、そういう人は留意して下さい。場合によっては禁忌です。その辺はちゃんと主治医に聞いて下さい。悪くなっても僕は知りません。
☞診断のついてない人は、整形外科受診してください。
☞あと、この記事に対する「質問」はナシの方向でお願いします。誤用の訂正コメントはウェルカムです。

要は、肩の関節の中で上腕骨頭が引っぺがされながら、ゆるゆると関節内で骨頭が振られとる。という状態を作出できりゃエエわけです。
☞僕が患者に施術する時はもっと別の方法を使いますけどもね。

理論を素っ飛ばして、型だけ真似したかて、あんまし意味ないです(笑)


お 大 事 に !!
-`).。oO(って、僕がな!!!

☞近々、古巣に帰ろうと思うの(>_<。。。 

2016年11月28日月曜日

恐竜博2016(少々長いです^^; ) ☆☆☆★

公式webサイトを更新し、みおつくしチャリティー能特別鑑賞会のチケット発売を開始した(この記事参照)のは良いのですが………。まったくレスポンスがないと、
あれ!?まさか、サイトのカート機能がうまく動いてない(サイトの不具合)!?
とか、
いや、うちのサイトってそんなに人気無いから売上受託販売って奴ですけども?)が見込めないのか……。
とか、
いろいろ思ってしまう、今日この頃です(^^;)
ま。ちゃんと売っていますのでね、何とぞ一つ、よろしくお願いいたしますm(__)m

さて!

日曜日は、いろいろ第11回「狂言を楽しむ 徳讃会」の慰労(いや、いわゆる家族サービス?)もかねて?息子殿とのお約束でもありましたし、恐竜博2016に行って参りましたよ。
今回の展示の主眼は、スピノサウルスや恐竜学?(恐竜の社会性とか恒温動物としての論拠の発見、あるいは本邦初公開の化石とか。)のホットな研究成果についての知見を深める!?ということでした。
ちなみに、上のスピノサウルスのリンク先のイラストでは、後脚でガッツリ立ち上がる風に描かれていますが、近年の研究によると、どうやら後脚は弱かったみたいで、四足歩行と水中での活動がメインであったようです。
☞ま、そういう知見が報告されている展示でしたので、恐竜全般ではなく、割と新しい知見に特化した展示でした。

そして、やはり僕のイチオシ☆はスピノサウルスの骨格標本でしたでしょうか。

後脚を撮り損ねましたけど、前肢の方がゴッツいんですよね。

あと、大腿骨も空洞がなくて緻密に詰まってて、水に沈むためのウエイトになってたのではないか。ってハナシです。


細長い口吻の先端には細かな孔があって。
それが水中生物の動きを探るセンサーのような物だったのではないかとのことでした。

あと、鱧のように口吻を使ってたのではないかという仮説も出てきてるそうです。
この、背中の突起ね。
ステゴサウルスと比較されてましたけども、放熱に使うものでもないと推測されるので、 ナゾだそうです
こちらは、御存じティラノさん。
☞息子殿は、スピノサウルスを知り合いみたいに、「あ〜、スピノね!」って言います。何となくプロっぽい感じがします。以前は「スッピー」とか呼んでたのにね。
えーっと、これ何だったっけ。
股関節の形状が原始的なので、初期の頃の恐竜だそうです。
☞たしか、そんな感じ(;^_^A  
この辺は、日本初めてさん。
あ。ちょっと、撮り忘れてましたけども、“イー”という名前の新発見の恐竜がおりましてね。
恐竜がだんだんと飛行能力を獲得していく過程(滑空→羽ばたき)も解き明かされつつあるみたいです。

ところで、前々から僕がギモンに思っていることなんですけども、恐竜は、地面を走るのはもちろんのこと、空も飛ぶし、水の中にもいました。
じゃ、土の中は!?
って、思うんですよねぇ!きっともう、研究している人はいるでしょうけども、モグラみたいに、地面の中で生活してた恐竜っていないのかなぁって。

これは、何だっけかな。
恐竜の成体と幼体との比較展示のあたりでしょうか。
近年は、幼体の骨格化石も続々発見されているようです。
この辺からは、鳴き声のコミュニケーション能力についてでしょうか。
で。
羽毛の化石とかもあるんですよねぇ!
繊細な羽根の形状なども判るようになってるようです。

こんな、眼光鋭いモジャモジャしたのがいたら、なんかイヤだわ(--;)

展示の最後に、この催しを監修した方のコメントがエピローグとして書かれていましたが、「情熱を持った若き研究者来たれ!」という趣旨の熱い言葉が載っていて、目頭が熱くなりました。
☞発掘に使う道具の実物も展示されてましたし、息子殿も大きに触発されたようです。(その道具一式は撮影禁止でした。)
☞他の骨格標本とかはOKなんですけどね
 
そして。お昼。
天保山のあたり、割と混みますよねぇ(;^_^A
しかもあいにくの雨天でしたので、みんな屋内で食べるわけで。和食系は割と長蛇の列。
階下のフードコートはどの席も人でいっぱい……。

息子殿は串カツはイヤだったらしい(ベソかいて泣いてた)ですが、とーちゃんの強権発動し(笑)とーちゃんも初めての、自分で揚げるスタイルの串カツへ!!

串カツ以外のサイドメニューも充実していたので、結果的には息子殿も満足したみたいでしたが……(--;)
僅差で滑り込み、行列に並ぶこともなく食事にありつき、ビールをグビグビと飲んだのでした(o^-^)
また、どこかで行ってみたいですね。ホントに小さな、一口大の種が揃えられてて、好きな食材を自分で揚げるというのは面白かったですd(^-^) 

恒例の M y ス ー ベ ニ ア 御開帳

個人的なことですが、こういう展示に赴きますと、博物館には少しでも収益を上げて欲しいので、応援する意味?で、ほぼ必ず「てぬぐい」を一つ買うことにしています。

便利なんですよね。子連れで動く時とか、大きめのこのサイズが重宝だったりします。

今回は、スピノさんを配った手ぬぐいをば。
スピノさんの骨格やティラノさんのシルエットを、格好良く染め抜いたのとかあったんですがね、あまりに直截的かも………と、思いましてね。

波頭にスピノさんが隠れてるこちらを。
知ってる人が見ると、ニヤリとできたり、「おぉ!」と思う。そいういう造りの物が好きです(。-∀-) ニヒ♪
で!御製:海洋堂さまの、ガチャガチャね!!
これも最近、じわじわと値上がりしてる感じですよね。
いや、物が細かすぎるのかな?
で。これが、上述の“イー”ですわ。飛膜と羽毛を持って、滑空してた……(んだっけ?)

デスクの横に飾りましょう(≧∀≦)
今回は4種あって、僕がスピノさんを狙ってたんですが……。
こちらは、初めムスメが引いたティラノさん。

息子殿は初め、こちらのパラサウロロフス(の幼体:頭頂のツノが小さい)を引いて、妹にお願いして取り替えてもらったみたいです。
☞兄として、草食恐竜は沽券に関わるみたいです(笑)
4種のうち、どれも被ってないというのが、これまたスゴいですよね(笑)

ティラノさんにイーさんを囓らせてみました。
サウロちゃんが、
「おかぁさぁぁぁん!ティラノがイー囓ってるぅ〜!!」
という、構図で(笑)

楽しかったですが、くたびれました(;^_^A



2016年11月24日木曜日

【前売券】「みおつくしチャリティー能」/「特別鑑賞会」【発売中】☆☆★★

1ヶ月を切ってしまいましたが、まずはお知らせです!!

毎年恒例の「歳末助け合い協賛能」から呼称を改め、
新たに「みおつくしチャリティー能」が発会しました。
前売券は好評発売中です!!!
お 求 め は コ チ ラ か ら !



平成28年12月23日(祝・金)
【第1部】10時開演(9時30分開場)
【第2部】15時開演(14時30分開場)
歳末助け合い「みおつくしチャリティー能」
於:大槻能楽堂
主催:公益社団法人能楽協会大阪支部

一般券:3,000円(当日3,500円)
学生券:1,500円
僕は、午後からの第2部、狂言「雁礫」の道通役を勤めます。
※当法人では、学生券の取扱いはございませんので、あしからずご了承のほどお願い申し上げます。
※当法人を通してお求め頂けると、お支払は郵便振替クレジットカード払いが御利用頂けます。
※簡易書留郵便の御利用をオススメしますが、普通郵便ですと送料無料です。

続きまして!



平成29年2月18日(土)11時開演
「特 別 鑑 賞 会」
於:大槻能楽堂
主催:一般社団法人日本能学会


一般券:7,000円(当日8,000円)
僕は、初番の能「嵐山」での替間「猿聟」に出演いたします。
なかなか観る機会の少ない演目が揃います。ぜひ、この機会にお運びください!!
※当法人を通してお求め頂けると、お支払は郵便振替クレジットカード払いが御利用頂けます。
※簡易書留郵便の御利用をオススメしますが、普通郵便ですと送料無料です。
※前売券は、1,000円もお得です!!(≧▽≦)





2016年11月21日月曜日

お片付け(こんな風にやってます) ☆☆☆★

video

……とまぁ。(土曜日)

誰も手伝ってくれませんし独りで黙々と。
あ、FM802という放送局のラジオを聞いてましたっけ。
☞ところで、タイムラプスって好きですd(^-^) 

ラジオを聞いていますと、世の中には、いろいろな自分の「意見(気持ち?)」であるとか「態度」であるとかを、わざわざ表明したい人がいて、それに共感するとかしないとか、リクエストする人、楽曲を買う人がいるのだなぁ。と思うと、ちょっと不思議な感じがしました。(ま、斯業も実はその範疇ですが。)

そして。いや、ホンマに近頃の新しい楽曲、歌い手さんは、とんと分かりませぬなぁ!!Σ( ̄□ ̄;)
☞自分でも驚くぐらい。
☞でも、室町時代の流行歌なら謡えるという……不思議ね(^^ゞ

しかしそれにしても、息子殿が畳んで終う作業を手伝わせられるようになるのは、まだ先でしょうか。
やはり小学校高学年ぐらいになんないと無理かなぁ。
☞畳むのを任せられる。という意味も含む。

ま、だいたいですな。

朝9時過ぎぐらいから作業を始めて、状態をチェックをしながらマイペースにキチンと畳んでいくと、最後の風呂敷に包み、蔵の中に運び込むぐらいまでの過程までが、午前中いっぱい掛かります。
それから揚げ幕も下ろして、舞台に広げて、畳んでいくわけですが、これも1人で畳むよう仕込まれたというか、何というか(;^_^A
☞なんせ、僕には兄弟や内弟子のような存在もありませんので。

揚げ幕の綱と、蔵の階段の傷みがだいぶとヒドイので、これを修繕したいと密かに思っているのですが、中小企業の助成金の仕組みとか、クラウドファンディングも視野に入れていきたいところですかねぇ。
余談ですけども、今後を見越すと、息子殿の体格の成長度合いに合わせて、大きめの装束を作るとか、古い物を新しく、現代人の体格に合わせて大きめに更新していくという、中長期的な計画の立案も必要なんでしょうが……。
その投資をペイできるのか?費用対効果はいかほどか!?というところで、いつも躊躇しますね。

閑話休題。

ひとまず、装束やら蔵関係の仕事は終えられたので、一安心です。
次は市役所と市教委への提出書類(事業の決算報告ですね)の作成があります。そこまでやって、徳讃会の一つの仕事は終わり……なのかな!?

息抜き。(日曜日)

今回は少し思うところがありましてね。
WEBERのグリルの特性を活かすという意味でも。
ま、すでにスモークはされているのでしょうけれども、食べる前に少し燻しながら焼いてみようかと。
☞今回のバーベキュー、ソーセージ祭りです。 
☞桜の木のチップを選んでみました。
少し焼き目を付けたら、スプリットゾーンで。
この時に、チップを振りかけて、燻します。
蓋の通気口からもくもくと煙が(o´∀`o)

もちろん、ビールも。
今度は、自家製のベーコンをまた作ってみたいなぁ……。