2017年5月26日金曜日

お稽古_㊻ 小稽古:今のうちに間違えておけ(笑) ☆☆★★

まずは、販促から。(しつこい?)

残り、6席です。(5/26午前現在)
引き続き、電話・メールでもチケットのお問合せ・ご予約を承っております。(申し訳ないですが、当日にチケットのお引き渡しとなります。ご了承いただきますようお願い申し上げます。)

なお、メールでのお問合せは、なるべくお早めに、前日までにして頂けると助かります。

さて!

今回、息子殿は調子悪かったですねぇ。
いや、全体的には良いんですが、いつもならば出来ているところで、つまらない変なミスを連発してました。
まぁ、そんな時もあるでしょう。

今のうちに抜けていたところを補強しておけば、本番にはより完璧なデキに近づけられることと思います(;^_^A
稽古終わりのご挨拶の前に、今一度書物を読み返して、要点を整理しておくよう申し伝えました。

僕の方は、配付資料も完成し、必要部数を印刷しました。綴じてもらうのは、受付スタッフに任せるとして……。
細工は流々。というところでしょうか(笑)

客演頂くお二人も、いつも通り前日入り(笑)とのことなので、会場に設えの他にも、その準備も遺漏なく進めて参る所存です。

さぁて!不肖ワタクシが、自信を持ってオススメする徳讃会。もうすぐでっす!!



2017年5月23日火曜日

お稽古_㊺ 小稽古:あなたは、休みませんよ!? ☆★★★

今週からムスメの方はお稽古しばらくお休みです。徳讃会が終わってから再開予定。
息子殿はそれがご不満らしい(;^_^A

しかしまぁ、お舞台をする人は、色々と辛抱せなアカン事が多いんです。
何とか息子殿は、
「妹に頼んで、お稽古の様子を観てもらう。」
というところで、手を打つことにしたみたいです(爆)ホント、難儀な人です。
そして、そこに至るまでの、あーでもない、こーでもない。いろいろ講釈が…もう、ね。長いねん!!(-_-#)
☞ホント子どもって、かさばるよね(+_+) 

この、“講釈”が長引くと、僕が「佐渡狐」と「神鳴」に掛けられる時間が少なくなるんですよねぇ。さすがに僕も22時とか23時とかまで稽古したくないですし、あまりそれが効率が良いとは思えません(;^_^A
せめて21時までには終わりたい。

昨日は、とーちゃん、自分の稽古ができなくなるので、はよして欲しいねんけど?と伝えましたらば、「そーかー。」と、あまり意に介さぬようでした。
☞ま、そういう人でしたな、君は。

稽古の内容自体は、非常に良かったです。さすが、妹が観てるだけありますね。普段の僕と二人の稽古の時よりも気合い入ってたです。
☞なんじゃそりゃ(-。-;) 
☞ムスメの方も、観ながら笑ってたし。

そして僕の方は。
日曜、ボロボロでしたけど(;^_^A
なんででしょうね。自主的な稽古では、ちゃんと出来るねんけどなぁ。前は、なんか変にボタンを掛け違えたみたいに、間違うところが連鎖してあきませんでしたが……。
ひとまず、流れに沿って舎弟☞佐渡狐☞神鳴とやってみました。

本番当日は、解説☞舎弟☞佐渡狐☞神鳴です。老骨にむち打って?否、ポンコツにむち打って気張りたいと思います。
☞翌29日、月曜日はお仕事お休み取ってます♡(≧∀≦)/



2017年5月22日月曜日

お稽古_㊹ 大稽古:装束を着けて。 ☆☆☆★

先ずは販促から

いよいよ、今週末の5月28日(日)に迫りました、第12回「狂言を楽しむ 徳讃会」ですが、公式webサイト上でのチケット取扱いは終了し、手売りでの販売に移行しました。
5月22日(月)午前0時現在、残 り 8 席となっております!!

直接、善竹能舞台にお越しになる前に、事前にお問い合わせ頂き、チケットを御予約・確保していただく事をオススメします(o^-^)
お問合せは、直接に電話・メールにて承っております。(チケットの手渡し、決済方法など、ご案内いたします。)
☞ 問合せフォーム は、こちら!(お気軽にどうぞ(≧∀≦)/)

日曜日は、大稽古!

さて!
徳讃会も近々になって参りましたので、息子殿には実際に装束を着けてのお稽古を行ってみます。
当人に装束に慣れてもらうというのもありますが、師父なる人が“格あい”と呼んでるモノ(あり体に言えば、装束を着けた状態での“感じ”?)を確認するためでもあります。
オトナ用の体格に合わせた装束は、バリエーションもあるのですが、子方用となるとどうしてもサイズを合わせるのが難しく、選択肢が限られてくるのが辛いところです。

装束を出した時点で、大まかなところのサイズは合わせてあるので、微調整をしながら、装束付けをしていくわけです。
しかし、今回着けている袴はそろそろ卒業でしょうかねぇ。着付の方はもう何回かは可能かも知れません。

そうそう。全く余談ですが、今秋の第13回「狂言を楽しむ 徳讃会」は祖父 玄三郎翁の七回忌追善ですけれども、その折は、ぜひ祖母 ツル作の「肩衣」を用いようという事になりました。その頃には体格もマッチしてくるだろうということで(笑)
これは世界に2点しかありませんねんd(^-^) 
☞もう一点は、江戸善竹十郎師蔵となっています。
☞僕自身は使ったことないかも!

当日は、ばぁばも、かーさんも観ることが叶わないので、この時に息子殿の勇姿を観てもらいます。
そしてやはり、ギャラリーがいるとパフォーマンスがグンと上がるのな、彼奴(笑)

逆に……僕の方は、「佐渡狐」が出だしから詰まりまして(--;)  なんかエエとこなしでした。「神鳴」の方は、舞の完成度を上げるための指導とがあり……。
ラストスパート、本番まで磨き上げていきたいと思います。

そしてそして……。

午後からは、「神鳴」の本番に用いるためにセットしている“赤頭”と“面”を実際に着けてみまして。視野の確認と面の当たり具合などの微調整をば。
結構ダイナミックな動きを伴う演目なので、少々気を遣います(^^ゞ
☞神鳴の出で立ちを確認してたら、遊びに来てた姪っ子がものすごくビビってしまいまして(笑)
☞姪っ子の帰りがけに、ついでに「お母さんのいうこと、よう聞きや!!」「わかりましたか!?」と、“なまはげ”よろしく、脅しておきました(。-ω-。)ノ☆・゚:*:゚

ま、そんな風になんだかんだと、鏡の間と装束棚周りの整理と、御道具やら御装束を、使いやすく、分かりやすいように(意図が分かるように)セッティングしたり、僕や息子殿の着替えの確認・準備、諸々に携わってるだけで午後は終わってしまいましたわい(--;) 
客演頂くお二人はもちろんのこと、師父なる者や、まだまだ舞台経験の浅い息子殿に、変な心配をさせることなく、よりよいパフォーマンスを発揮してもらうためには、気張らねばなりませぬ。

また僕自身も、舞台当日はマネジメントではなくて、三つの役を演じる方にできるだけ専心したいので、致し方御座らぬな!
☞出演者にお支払いするギャランティーの明細やら、金封の用意はもちろんのこと、解説のレジュメやらアンケートの印刷やら……いろいろ、段取りがあるんです(笑)
☞出演者とスタッフの昼食は、もう手配した(`・ω・´)キリッ (あ!これは妻の担当だった(^^ゞ)



2017年5月19日金曜日

お稽古_** 小稽古:今回はスキップです(;^_^A  ★★★★

嗚呼、歳は取りたくないものですな(--;)

右膝痛(ひがかみ:膝窩の辺り)です。正座もちょっとしんどいです。これ以上無理すると余計悪化する予感がします。

なので、お稽古はスキップ!中止です!!
子どもら、大喜び!!
息子殿は、
え?えっ?おけいこなし?なに?この、おれの、もえあがったおけいこのきもちはどうしたら!?(おれは、どうしたらええんや?)
みたいな、嬉しそうな笑顔をかみ殺すように、白々しい演技?をしてました。

おっけー。息子よ。分かった、
何も、とーちゃんが必ず見なアカンわけちゃうデ。
一人でお稽古したらエエねんで。舞台空いてるし。
いや、一人でお稽古したらエエねんで!舞台空いてるし。遠慮せんと! !
って、教えてあげました。
☞大事な事なので、二度言うてあげました。 
いや、その……。やっぱなぁー。とーちゃんがなぁ!見んとなぁ!!いみないやろ?
ま、たまにゃ、いーでしょーよ。
とーちゃんは、仕事場で自分に鍼でも打とうかと。
クヮッシ!クヮッシ!クヮッシ!クヮッシ!(神鳴風に。)
☞ちなみに、鍼を打つのは好きですが、打たれるのはちょっと……ね(--;) 
自分で自分に鍼するのは、釣狐以来か!?



2017年5月16日火曜日

お稽古_㊸ 小稽古:地味な作業。 ☆☆★★

第12回「狂言を楽しむ 徳讃会」まで2週間を切りましたが、プレイングマネージャーとしての地ッ味ィ〜な作業はちまちまと続いておりますよ。目下は、夜なべしながらプロジェクターで掲出する内容を作り直しなどを……。
あとは、アンケートを作りーの、レジュメを作りーの、していきたいと思います。
……ええ。御存じ、いわゆる一つの器用貧乏暇無しってヤツです(--;) 
息子殿もムスメも、このところみるみる上達して内容は良いのですが、あえて手を抜かず、コンスタントに(適度に?)テンションをかけ続けておきたいと思います。
月曜日も、ね。妻にはちょっと意外だったみたいですが、小稽古をば。ムスメは割稽古、息子殿は前回の大稽古の注意点の確認を………。

ムスメは、もうそろそろ型(立ち稽古)に移れそうですね。ただ、やっぱりにぃにと科白を合わせて稽古としてからが好ましいかな。
……となると、やはり徳讃会後となりましょうか。

息子殿は最近、夏(妹との発表会)と秋の催し(次回、第13回徳讃会:10月22日、玄三郎翁七回忌追善会)の話もするのですけども、彼奴なりに自分のスケジュールを考えているのでしょうか。

さてさて、僕の方も気を抜かず、ラストスパートです!!
気張りたいと思います(・_*)キラーン!



2017年5月15日月曜日

お稽古_㊷ 大稽古:想い(重い)をのせて(`・ω・´)キリッ ☆☆☆☆

まずは、販促から!

今月(5月)28日に迫りました、第12回「狂言を楽しむ 徳讃会」(@善竹能舞台)ですが、あと10席ほど残っておりますよ。
今週末にて、公式webサイト上でのチケット取り扱いは終了する予定ですので、電話するのが面倒だな。とか、クレジットカードで払いたいんだけど?って方は、どうぞお早めに。
お求めは、コチラのリンク先から!!

さて!土曜日は。

先週は甲種防火管理講習などがありましたので、病院をあまり休んでもおられず(笑)この日は出勤。
折しも結構な悪天候(+_+) 
そんなわけで、こちら。

装束(紋付袴)を入れても、防水できるバッグを買っておりましたが、今こそテストしよう!と思い立ちまして。

見事、吹き降りの中の移動、荷物を守ってくれた………のですが!!!

担いでる自分の衣服が濡れるとは思いませなんだ。
御覧の通り、水は通さないのですが、垂れるんですよ。
それが、担いでる自分のヒップポケットから下着のあたりに染み渡り………。
割とな、大ビチョビチョになりましたorz

まぁ普段僕は、水もしたたらせる必要性は、あまり感じた事ないんですが、図らずもイイ男になってしまったようで(--;) 
背中を気遣わず、装束を運搬することを想定してましたが、結局どこかが濡れるのだね(^^ゞ

そして、僕が長靴を履いて出た時は、帰りは必ず晴れる。という法則があり、いつも“活きの良いファーマー”ってな感じになって、帰り道、ものすごく浮いてしまうのですが、その辺も抜かりなく。
この日は防水の短めのブーツで参りましたので、帰りもごく普通に(。-∀-) ニヒ

日曜日(午前)

この日は、まずは大稽古から。
☞土曜日、晩酌後ふと思い出して、舞台の掃除済みです。(ホントは飲む前に掃除しておきたかったんですが、野暮用がね(+_+) )

朝から息子殿は「お腹が痛い……。」と泣き言を言うてた(たぶん、朝食の食べ過ぎ?)のですが、苦痛を乗り越える?訓練として、そこはあえて稽古を。
思いの外、上手くできて集中力も高まり、仕上がりは順調です。

そして、僕の方。今回は神鳴を。
色々、師父なる人の、指導……。ん〜、何だろな?無!?(嘘ですよ!たぶんを承りながら………。
☞あ…いや……自分の鍛錬不足です…すんません(>_<。。。 

理論上は無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが、とても肝心だと思うのですが、なかなか思うようには参りませぬナ^^; 
ま、でも同じ演目を2回とか3回は連続でも出来る感じにはなっていると思うので、不安はないです(≧∀≦)/
☞ってか、稽古のボリュームは、グロスではそんな風になってしまうデス。

メンテナンスも施し、身体も良く動くようになったので、舞い込んでいきたいです。

そして。神鳴の稽古が終わり、ヘトヘトとなり、ハァハァ言いながらも、段取り上、ムスメの中稽古に掛かりまして。
じぃじとにーちゃんというオーディエンスがいたお陰か!?ムスメには劇的な進歩があり、全くのノーミスで、イッパツで稽古を終えてしまいました!!
☞わぉ!やるじゃん、ムスメ!!

日曜日(午後)

装束を組むという大仕事が!
まぁねぇ。いろいろと、関連する御道具を出して、風を通して再確認するという作業も兼ねてますから、拙家の場合は色々と大がかりだったりすんです(^^ゞ

僕は先に蔵に入り、換気と清掃作業を行い、作業スペースを確保し、また前日には鏡の間や装束棚(出した御装束やらを並べるところ)は清掃済みです。
☞たぶん、普段の病院勤務より働いてるや。

使用歴や、演者の体格・雰囲気、役柄の位、色目などを勘案して、あーでもない、こーでもない。と言いながら(口伝を受け、あるいは昔話なども聞きつつ?)装束を組んでいきます。
もちろん、装束リスト一覧は、事前に作成済みですよ?効率的に、なるべくならコーディネートの方に専心したいので。

ま、それでもですね。
僕が13時半頃から蔵に入りました(師父は14時から合流)けど、こうして、一通り整理して使う順番に棚に並べ終わったのは17時前でしたねぇ。

今回も、拙家の始祖、善竹玄三郎翁作の神鳴の御道具など用います……が!!

祖父なる人も「神鳴」割と好きだったんですかね?
御道具も幾つかのバージョンがあります。

中でも「神鳴用羯鼓」と書かれた、雷の腹部に着ける「太鼓」(語弊を恐れずに書けば?)は、相当な気合いで作ったみたいです(+_+) 。

いやぁ……標準サイズよりデカいですし、何より結構、重いの!!(;_; )( ;_;)

……師父なる人も、申しておりました。
もう一つの(羯鼓の)方、イメージしててんけどな……。
ま、他に用いる機会、用途もあれへんし、若いウチにお前、使うとけ。
せっかく、おジイさんが作らはってんから……。 
ま、ゴッツいし、重たいけどナ。…フッ。
☞ええ…っと。おやっさん、笑てしもてるやん(;^_^A 

そんな、祖父の想い(重い)を乗せて!?豪快に神鳴を演じ、舞うてみたいと思いますorz
我が祖父自慢の!?羯鼓を一目見てみたい方は、ぜひ5月28日(日)は、第12回「狂言を楽しむ 徳讃会」へ!!!(…とまぁ、冒頭の案内に戻るわけです。)




2017年5月11日木曜日

甲種防火管理講習に行ってきました。 ☆★★★

この度、少し思い立ちまして。
甲種防火管理者講習なるものを受講して参りました。 (一応、国家資格らしいですわ。)

10日、11日の2日間の日程で、ま、無事に修了しまして(笑)
なんとまぁ、無事に「甲種防火管理者」となりました。
THE・はにたん
今や高槻市の“ゆるキャラ”はにたん ですが、前身は「防人(さきもり)」から派生して、「消防」:火事場を担う、消防に特化したキャラであったと仄聞しております。

元祖、はにたん に拝謁する機会を得ました。

2日目

新しい腕時計は、気圧の変化をトレースしてくれます。
下方の矢印、「・」までは、今までの3時間、「・」以降は今後3時間の気圧の変化を知らせてくれる機能だそうです。

気分アゲアゲで、参りたいと思います。
この日は、実習がありまして。
斯様な、避難器具も体験できます。

垂直降下式の避難具を、志願して体験してみました(笑)

今まで、単に「やらされてる」避難・消火訓練でしたけども、その趣旨や理念を知ると、ホントに有意義な講義でありました。
避難器具の詳しい事は、最寄りの防火管理者にお尋ね下さい。

緩降機より、ずっと良心的です(>_<。。。
☞機会があれば、緩降機、お試しあれ。手を離すまでの躊躇する時間があれば、走って避難できそうな気がしますよ。
2日目は、朝イチに市役所に「法人市民税」を納め、そのまま2日目の講義を受講し、受講後のその足で茨木税務署に法人税申告書類を提出し、三島府税事務所とハシゴしまして(。-∀-) ニヒ
☞今月末(申告期限)は徳讃会で忙しいですから、それを見越した段取りが肝心なんす!

まんまともくろみ通りにオンスケで予定をこなし、古巣のマッサージ屋にてメンテナンス!!!

ガッツリほぐしてもらい、いつものお店でビールでかんぱーい!!!!(o´∀`o)
☞来月、もっぺん行く必要がありそうです(;-_-;) 

いやぁ!!東洋医学で言うところの「気血」が詰まってるところがスッと通るような感じになりますと、お腹が空くんですな!!

ま、いつも通りに飲みましてね。
帰って仕事しまして、ブログ書いてるという……ね。